コンサルティングの各分野

コンピテンシーとは

 なぜコンピテンシーは有効なのか?

<コンピテンシーの氷山モデル>
長年の行動科学の研究から、ハーバード大学のマクレランド教授は、人が何かを行うときには意識にのぼってこないさまざまな動機や価値観が影響していると考えました。アメリカの外交官やビジネスマンを対象とした業績の研究事例から、現在のコンピテンシー理論は生まれたのです。この考え方は、下の図にもあるように氷山モデルと呼ばれます。
目に見える部分は氷山の一部で、実際に氷山を動かしているのは水面下の大きな部分だという認識です。人の行動も、これと同じだと考え、コンピテンシー理論を提唱したのです。

<コンピテンシーの違いから現れる仕事のやり方の違い>
同じように優秀に見える医師でも、コンピテンシーは相当違うことがあります。

コンピテンシーの氷山モデル

ここで重要なのは、Aドクターに向いている仕事は、必ずしもBドクターに向いていないという点です。救急医療には、Aドクターのようなタイプが向いており、地域に根ざした親しまれるホームドクターとしてはBドクターのほうが向いています。いちばん問題なのは、しばしばコンピテンシーと仕事の組合せが逆になってしまうことなのです。


service

inquiry