Hay Groupからのお知らせ


傑出したグローバル規模の人材・組織 コンサルタント会社となります



世界のビジネス情勢は前例がないほど激しく変化してきており、リーダーシップや人材マネジメントにおいて新しい考え方が求められるようになっています。こうした点を鑑み、この度ヘイグループがコーン・フェリーの傘下に入ることで、正式な合意に至りましたことをお知らせいたします。

本件の目的は、歴史と伝統を持つ2つのグローバルブランドを束ねることで、人材とリーダーシップの強化を通じて、企業や社会の変革を支援することにあります。

半世紀近くに渡り、世界中の多くの企業が経営人材の採用をコーン・フェリーに委託してきています。この統合により、今後は両社が力を合わせて、人材戦略の策定、リーダー育成、組織風土の変革などを通じて、企業価値の拡大をサポートさせて頂くことになります。

我々のビジョンは、リーダーシップ・人材および組織の分野において、傑出したグローバル規模のアドバイザーになることにあります。およそ7000人のコンサルタントが志を1つにして、クライアントが人材・組織の持てる力を引き出し、経営上のビジョンを実現することを支援いたします。

我々は、クライアントがリーダーとなる人材を惹きつけ、やる気にさせることを支援します。

我々は、リサーチに裏打ちされたコンサルテーションやデータ、各種方法論を駆使してクライアントをサポートします。

それらを通じ、クライアントが人材の持てる力を引き出すことを支援します。

コーン・フェリーとヘイグループの統合は、ヘイグループの株主総会の決議や、独占禁止法等の要請をクリアすることが条件になっておりますが、2015年の終わりまでには完了する予定で進めております。

詳しい情報はこちら (英語)