成功する M&A

M&A を真に成功させるには?

国内外を問わず企業の合併・買収 (M&A) が頻繁に行われるようになっています。しかし残念ながらヘイグループの調査によると、多くのケースにおいて成功とはいえない結果になっていることが明らかにされています。

M&Aの過程においては、IT システムのような目に見える有形資産の統合や、費用削減は真剣に取り組まれます。しかし、社員・プロセス・組織といった目に見えにくい無形資産の統合とのバランスは、多くの場合十分考慮されることはありません。M&Aを真に成功させるには、目に見える有形資産と見えにくい無形資産双方の問題に対処しなければなりません。

それでは、どのようにすれば有形・無形資産のバランスを保ちM&Aを成功に導くことができるでしょうか?ヘイグループでは、無形、有形両方の資産の統合に関する支援を行っています。クロスボーダーも含め、M&A を成功させるために必要な組織設計に関する独自の知見を有し、業績に影響を及ぼす可能性のある隠れた問題点を浮き彫りにすることができます。

M&A を成功に導く 2 つの重要な要件

  • 有形・無形資産間で正しいバランスを保つこと - 統合される企業の経営資源 (ガバナンスと事業モデルを含む)、総合的資本 (顧客関係と他の投資家を含む)、人的資本を考慮に入れます。更に詳しい説明は、組織力を強化する(BEO) をご覧ください
  • リーダーシップの効果 - できるだけ早い時期に、新組織に新しいトップチームを配置します。そうすることで、新しい展望や価値を速やかに実現することができます。事業推進のために最適なリーダーを特定する手段については、リーダーシップとタレントマネジメントをご覧ください

重要な事実

  • M&A本来の目的を達成したと考えているビジネスリーダーは、たったの 9%に留まっています
  • 54%のビジネスリーダーが、目に見えない無形資産への配慮を怠ることが、統合の危険性を高めていると述べています
  • デューデリジェンス段階の早い時期に新経営チームを指名している企業は、そうしていなかった 企業よりも 2 倍近い確率で 1 年以内に完全統合に至っています


当社が提供できるサービス


service

inquiry