サクセッションプラン

最適な後継者を見つけるためには?

取締役会にとって経営者の選出は最も重要な決定事項のひとつです。そして今日の取締役会は、そうした重要な決定をより頻繁に行わなければならない状況に直面しています。株主の決定、メディアによる監視、あるいは予定されていた退任によるものなど理由は様々ですが、欧米での最高経営責任者の平均在職期間は現在五年間にまで短縮しています。そのため特に最高経営責任者の後継者選出はより重要な課題となっています。

経営者の着任サイクルが早まる中、より多くの企業が将来の最高経営責任者を社内から見出そうとしています。しかし、適切な候補者が出現するのをただ待っているのは危険です。

自社の戦略、経営上および組織的に必要な条件について考察し、自社にとって最適な最高経営責任者の要件を明確にすることが大切です。候補者の評価は、最高経営責任者固有に求められる責任、経験、姿勢、資質にもとづいて行います。また育成においては、最適な職務を厳選し、必要なスキルと経験を獲得させ、人材要件と職務要件とのギャップを計画的に埋めて行くことが重要となります。

ヘイグループが毎年実施している賞賛される企業 調査も参考となります。約 85%の企業が、トップのみではなく全ての重要な役職の社内候補者に関する最新情報を定期的に取締役会に報告するよう義務付けています。

ヘイグループは、顧客企業内にいる最適な候補者を特定するお手伝いをしております。また併せて重要となる、候補者の育成と開発、候補者を維持するために必要な役員報酬制度の構築に関するアドバイスもさせていただきます。

また、経営幹部として相応しい人材要件を策定するお手伝いもしております。

賞賛される企業の多くは、将来の最高経営責任者に求められる人材要件を明確に定義しています。人材要件を明らかにすることは、候補者を要件に照し合せて評価できるだけでなく、目的を絞ったリーダーシップの効果的な開発にもつながります。

当社が提供できるサービス

 

service

inquiry